ほしや工房

ほかにはない「オンリーワン」な素材。 自然の恵みが生み出した自然の形にこだわった一品。 躍動感があるダイナミックなデザイン。 万力他様々な作品をこだわりをもって製作しています。 その行程や作品を紹介していきます。

カテゴリ: ウキ

河口湖の秋の乗っ込み用ウキを頼まれてるのですが(^^;

かなり特殊なウキで依頼者の要望通りに仕上がるのか?というか…
要望をクリア出来るのか?
かなり厳しい条件で、まずは小ウキ。
そしてオモリ負荷がかなりある…
具体的なこのオモリを背負わせるから、最低でも負荷以上のバランス。


カヤで作って欲しいと頼まれましたが、条件をクリアするには直径が10ミリ近く無いと無理っぽいのです…


中々厄介で作る気がおきません(;'ω')ナン…ダト!?

FullSizeRender

こんなヘラを釣りたいね(^-^)

お待たせしました。


依頼のセミロングのウキが完成です!

IMG_0633


IMG_0634


FullSizeRender


IMG_0635


IMG_0636

誤魔化しがないクリア塗装。
羽根の肌が見えるのは安心です!


ここだけの話、某有名メーカーのウキなんかは色を剥離するとそりゃー酷いです…
どう酷いかは伏せておきますが…


羽根のウキも、カヤのウキもしっかり素材の肌が見える塗装は使う側としては安心出来ますし、信頼も出来る。


少し地味に見えますがボディ下部にクラック塗装も施してあります。


N様、しっかり梱包して発送させて頂きます。

あちらこちらから販売の話があるようですが、本人にやる気がないようで…


注文が殺到すると丁寧な仕事が出来ない。
そんな事を口にしてました。


私の元へウキ作りを教えてほしいと来たのがもう10年以上前、当時私もバリバリウキを作っていて注文もそれなりにあった時代(^^;
簡単なカヤウキならと一通りを指導してかなり良いウキを作っていた。
それから某プロウキ師のもとへ今度は羽根ウキの修行へ。
更に腕を上げて、今ではあの超有名人◯◯ちゃんなんかにもウキ作りのアドバイスをしたり。

そんな私の釣り仲間がブログ内でウキの販売をしてもいいよー!
なんて事になりまして、ここに発表させて頂きました(^-^)


私は仕事柄かなり色々なウキ師さんのウキを見て来ましたが確実にトップクラスの品質と仕上がりです。
ヘラ釣り自体もトップクラスの人なんで、そのレベルの高さを活かしたウキ作りをされていて、地元で有名なトーナメンターさん達も使っているです。


もちろんフルオーダー可能で、細かな指定はもちろん、各釣法に合ったオーダーも可能です。


私がオーダーした底釣り用ウキ

IMG_9456
IMG_9455
IMG_9453
IMG_9452
IMG_0034
IMG_9450


羽根ウキの品質の高さを判断する点として、羽根の肌が確認できる事。
羽根ウキでも羽根の肌が見えないウキは正直信用出来ません…
羽根の肌が見えるウキは作者の誇りでもあり、高い技術を持っている証。


他にもオーダーして作ってもらったウキ達

IMG_0018


IMG_0017


IMG_0016


IMG_9805


IMG_9809


IMG_9810


色々な事情があり銘を公に出来ませんがm(__)m


私のブログ以外では注文出来ない逸品です(^-^)/


注文から完成までは、その時のバックオーダーにもよりますが1ヶ月から2ヶ月程時間が掛かると思います。もちろん多少の前後はあるかと。


価格は1本通常仕様

3850円(税別)

この品質でこの値段は正直かなり安いと思
います。
塗装をぼかし塗装等の指定をすると少し高くなるようです。


手に取って貰えれば私の言葉が嘘じゃないこと事がわかると思いますよ(^^♪

オーダーお待ちしておりますm(__)m

hoshiyacraft@gmail.com



やっと全ての工程が終わり完成しました。


トップ塗りを二回終わらせてからしっかり1日乾燥させてから800〜1000番でトップの凸凹を綺麗にしてあげます。


これは気持ちの問題ですが、トップが凸凹しているよりは綺麗に整っていた方が触りが出やすいのではと考えています。
ごく僅かな小さな力でもトップに変化が現れるようにしたいからです。


ただこの作業は非常にリスクがあります。
過去に何度もやってますがトップを折ってしまうんですよ…
トップを挟んでペーパーを上下させる時にトップが引っかかってポキッ…
これは何度もやってるので凄く慎重に作業します。


IMG_7631


IMG_7632


IMG_7633

トップの色は独自で調色しております。
特にグリーンと赤に関しては見やすくなるように色を濃くしています。


やっと完成しましたが、同時にもう4本作り直しているんですよ〜!

IMG_7673


IMG_7674

久しぶりのウキ作りなんでどうも納得出来るだけのものが作れないんですよね(^^;)


よくお客様に聞かれます。


トップを見やすくしたいけどどうしたらいいの?と。
これは凄く色々な意味合いがあって…
単純に見やすくするなら下地に薄く白を入れてあげてそれからカラーを塗る。
そうするとかなり発色が良くなり見やすいトップになります。
しかしデメリットとして逆光では全て真っ黒に見える。
逆に下地をそのままにカラーを塗ると順光ではまあ普通に見えて、逆光では多少縞々に見える。


どっちを優先するかでかなり塗り方が変わります。


トップ上下に窓を開けて光を取り込む塗り方もありますが、正直あまり効果はないです。


手間をかければ順光でも逆光でもある程度見えるトップ塗りは出来ます。
が、しかし手間はかなり必要です。

IMG_7632


2回目の塗りが終わりました。


あと1つ最後の作業があります。

↑このページのトップヘ