本来なら込みを太くする場合、糸を巻いてその上に接着剤、乾いたら綺麗に削る。
糸巻きは往復位なら上手く処理出来る。
今回はさすがに細すぎる…


結局悩んだ挙句、端材の竹で内径が合う物を探して補習する事にしました。


IMG_4263


IMG_4264


IMG_4265

竹の内側を削って上手く込みにハマるように加工しました。


接着した後に玉の柄との込み調整です。